不動産鑑定 晴鑑定TOP > ケーススタディー1

ケーススタディー

  1. 鑑定評価によって相続税額を少なくした案件
  2. 鑑定評価によって関係会社間取引の土地評価額を少なくした案件
  3. 鑑定評価によって240,000千円の融資が実行された案件
晴鑑定の不動産鑑定 ケーススタディ ー1

鑑定評価によって相続税額を少なくした案件

  • 所在地: 大阪府
  • 土地面積: 1499.20 平方メートル
  • 状況: 宅地

状況 相続評価
当初の評価 高低差や里道を無視し、AとBを一体評価した上、全面接道としていました。 16,974万円
当社の評価 まずAとBの間には里道があるため、区分評価した上、B部分の道路側には高低差が1.5m以上あったため、一部のみの接道土地として評価しました。 14,416万円
相続評価の差
(相続税額の差)
2,558万円
(1,035万円)

不動産鑑定評価のお問い合わせをする

Copyright © 不動産鑑定 Haru Appraisal Inc. All Rights Reserved.