不動産鑑定 晴鑑定TOP竹岡晴人のコラム> 4.近畿圏ウオ-タ-フロントに急増する工場立地

竹岡晴人のコラム

近畿圏ウオ-タ-フロントに急増する工場立地

		
1. 地域別工場立地件数


(平成)  14年  15年  16年  17年  18年
       
関東内陸  119  158   226   238   298

関東臨海   78   81    98   139   166

近畿内陸   27   72    76    79    95

近畿臨海   78   87   118   131   162

京都府    11   36    36    33    30

大阪府    19   29    47    45     41

兵庫県    49   52    68    80   115
 


1を見ると近畿臨海の工場立地件数が平成16年から急上昇している。

近畿臨海というのは大阪湾岸と兵庫湾岸ですがその下を見ると大阪よりも兵庫
の延びがきわだっている。


2の製造業の工場立地の選好度調査を見ても近畿臨海が2003年に倍増して
いるのが解る。


この2つのデ−タ−で2002年を境に工場立地にプラスの変化が起きている
わけですがこれは2002年7月に近畿圏工場等制限法という法律が撤廃され
たことが要因。


工場等制限法というのは延面積1,000平方メートル以上の工場と
大学キャンパスの新増設は知事の許可制だった。


これが撤廃されて湾岸沿いに工場が増えてきたわけでシャ−プの新日鉄堺への
新工場はその典形なわけです。


湾岸沿いの工場地の直近事例がないため証明はできませんがこの2つのデ−
タ−に見るように継続的な工場立地件数の増加が需要増へつながり今後価格を
押し上げていくだろうことは予測できるのではないでしょうか?



2. 製造業各社の将来の工場立地選好調査(1998年〜2003年)


      1998年  2000年  2002年  2003年(単位:%)

関東臨海  13.1     10.6   16.7    10.9
    
近畿臨海   8.1      8.5    5.6    10.4

東海    17.2     11.7   12.5    16.3

その他地方 55.5     57.5   41.6    53.0
     
海外     6.1     11.7   23.6     9.4


出所:(財)日本立地センタ−「新規工場立地に関する意向調査」

コラム一覧へもどる

Copyright © 不動産鑑定 Haru Appraisal Inc. All Rights Reserved.