不動産鑑定 晴鑑定TOP竹岡晴人のコラム> 7.鑑定士を目指す受験生への回答

竹岡晴人のコラム

鑑定士を目指す受験生への回答

		
<ブログ読者様からいただいたご質問>

竹岡先生こんにちは。先生の母校、法政大学の学生で、不動産鑑定士を目指し
ております。不動産鑑定士に関する情報は少ないので当ブログは非常に面白く、
役立っております。

以前(5月16日)のブログで女性は3年で売上2000万円を達成するのは難しくな
い、とおっしゃっておりましたが、これは男性では難しいという事でしょうか?
今後のブログ内にでも回答を反映させていただければ幸いです。どうぞ宜しく
お願い致します。



<竹岡晴人の回答>

 男は欲張らず売上げ1,200万でガマンしょう。


 1,200万の根拠は独立10年選手でも今はその程度の売上げしか上げられ
 ない難しい時代なのです。


 独立すれば誰でももらえる公示、調査、国税で250万誰でも入れる財務局
 国有財産の評価、国税局差押不動産の評価、地裁民事の鑑定、その他各市町
 村の入札参加資格を取得してからの仕事、知人、友人の紹介案件…
 これくらいでしょうか?


 吉本で言えばネタ、編集、台本、演技、全て一人でするわけですからここか
 ら頭一つ抜け出すには相当のパワ−も必要ですし、運に恵まれることも重要
 です。よって多くの人は不本意ながらこの水準にとどまざるを得ないのです。


 これでも他士業に比べればはるかに恵まれています。その程度ではいやだ
 もっと頑張りたい1億ほしいというのならそれ相当のスキル向上と平素の鍛
 錬を怠れないでしょう。



 次回ブログ1億円プレイヤー最終章で自分の知っている営業ノウハウを全て
 つつみ隠さず書きますのでしばらくおまちを!

コラム一覧へもどる

Copyright © 不動産鑑定 Haru Appraisal Inc. All Rights Reserved.