不動産鑑定 晴鑑定TOP竹岡晴人のコラム> 11.不動産鑑定を目指す人の為の正しい鑑定会社の選び方

竹岡晴人のコラム

不動産鑑定を目指す人の為の正しい鑑定会社の選び方

		
現在の業界勢力図


1.大手鑑定会社
 F研  T沢  D和   センタ−等

2.上場企業内の鑑定部門
  信託銀行 東京建物 東急不動産 日土地等

3.PBファンド・リ−ト関係小会社の鑑定部門

4.大規模個人鑑定事務所 鑑定士5人以上

5.小規模鑑定事務所 鑑定士1人ないし2人まで


鑑定士を目指す以上は、当然将来独立を考えているだろうからベストは1.の
F研であろうが今募集人員は極めて少なく超難関である。


T沢は案件が幅広くありセンスは磨かれるが、勤務時間が長く独立する為の
情報からほぼ隔離される。

D和、センタ−は皆さん楽しく仕事をしているようである。


2.はサラリ−マン鑑定士で将来もOKという人にはお勧め。


3.のPBファンド関係小会社は、超ハ−ドだが新規スキルが身につき人脈も
広がりパワ−あふれる人には絶好の勤務場所だ。ここで7〜8年過ごし独立
できれば鬼に金棒だろう。



以上1〜3は募集人員も少なく、多くの合格者は4か5に入る事になるだろうが、
4はまだしも5には未だ徒弟的思考をする難儀な御人も多く要注意である。


5.は給料も安く8時終了土曜出勤は当たり前、せっかく入ったが短期でやめ
る人も多い。希に小規模事務所でもりっぱな方もいらっしゃるから、そのよう
な事務所を見つけだすため色々な人から話を聞くと良い。


それでも5.の選択肢しかなかった人は短期でスキルを身につけ努力し早期に
独立を果たされる事をお勧めします。

コラム一覧へもどる

Copyright © 不動産鑑定 Haru Appraisal Inc. All Rights Reserved.