不動産鑑定 晴鑑定TOP竹岡晴人のコラム> 12.不動産鑑定士の本音を語ろう!

竹岡晴人のコラム

不動産鑑定士の本音を語ろう!

		
この業界の致命的欠点…、ほとんどの人間が現状に満足している。


家庭では本音はビービー言っているくせに公的な処では仕事は適度がいいという。


不動産鑑定士と言う結構高度な資格をもってこれ程高額所得者
(年収2,000万)が皆無な士業界もめずらしいのではないか。


長年、公示価格、相続税標準値評価といって不動産鑑定士になると
誰でも割り当てられる仕事がある。


これが都市部で年間250万、地方になると400万程度ある。
3年に一度の固定資産税標準地評価も含めるとだいたい年換算で
都市部400万、地方700万〜900万くらい。


これが基本ベ−スとしてあって、あと裁判所の競売評価や
民事事件の仕事も任意ではあるが時々もらえる。


要するに他士業界に比べ極めて恵まれていると言えると思う。


今司法試験に合格し司法修習を終え弁護士登録をしても300人程度が
弁護士事務所に就職できず弁護士浪人する時代である。


私の知人の長男も法科大学院を卒業後、司法試験に合格し大喜びであったが
弁護士事務所が見つからずやっとの思いで宮崎県の法律事務所へ
都落ちすることで一安心という出立である。


税理士は独立してもまず顧問先確保は至難の業であり司法書士に
至っては仕事はないというのがとおり相場である。


要するに長年恵まれた環境でぬくぬくと生きてきた不動産鑑定士とは、
某大手鑑定会社の社長(匿名でS友システムと言う)が
いみじくも言っていたが「不動産鑑定士とはほんとうに進取の気性がない人達だ」
と言う評判は確かに多い。


つまるところ大阪弁で言う“ぼんぼん”なのであろうか。


私もその“ぼんぼん”の一人なのであるがそろそろ不動産鑑定士という仕事を
純粋なるビジネスに捉え直し事業会社として成長させたいと意気込んでいる
この頃である。

コラム一覧へもどる

Copyright © 不動産鑑定 Haru Appraisal Inc. All Rights Reserved.